化粧品/医薬部外品の販売をご検討なら、商品の企画開発から製造まで全て化粧品ODMメーカー山田製薬にお任せください。創業100年の実績がお客様からの信頼の証です。

企業情報

会社概要

名称 山田製薬株式会社
創業 明治43年10月1日 山田製薬所を開業
創立 昭和22年7月1日 山田製薬株式会社へ改組
資本金 6,000万円
本社 〒103-0027 東京都中央区日本橋2-1-14 日本橋加藤ビルディング3F
TEL 03-3278-0390(代) FAX 03-3278-7190
本社地図
霞ヶ浦工場 〒300-0134 茨城県かすみがうら市深谷24番地8号
TEL 029-828-1111(代) FAX 029-828-1527
霞ヶ浦工場地図
従業員 83名(平成28年5月1日現在)
代表者 代表取締役社長 中村 賢司
免許
医薬部外品製造販売業
医薬部外品製造業
毒物劇物一般販売業
動物用医薬部外品製造業
化粧品製造販売業
化粧品製造業
食品添加物製造業
医薬品製造業
毒物劇物製造業
清涼飲料水製造業
主要仕入先
(順不同・五十音順)
DSP五協フード&ケミカル株式会社
株式会社旭紙工
株式会社エクシート
株式会社グラセル
株式会社シバハシケミファ
株式会社タカラ
竹本容器株式会社
天龍化学株式会社
東海油化学商事株式会社
東洋硝器株式会社
阪神化成工業株式会社
株式会社三谷バルブ
味の素ヘルシーサプライ株式会社
イワキ株式会社
キタノ製作株式会社
コーワ株式会社
大和製罐株式会社
大洋香料株式会社
武田紙器株式会社
株式会社トーヨー工芸工業
東京硝子株式会社
富山スガキ株式会社
株式会社マツモト交商
株式会社吉野工業所

沿革

明治43年 現在の東京都荒川区南千住にて、山田梅槌の個人営業として、日本薬局方医薬品の製造販売を開始。
昭和18年 太平洋戦争中は東京田辺製薬株式会社の協力工場となり重要医薬品の生産に従事。
昭和22年 株式会社組織に改め、山田誠一が代表取締役に就任、関東甲信越重要医薬品局方部門の指定工場となる。
昭和25年 9月、工場拡張のため埼玉県草加市に移転。
昭和48年 安全性を主張した弱酸性化粧品を開発、主として美容院ルートで販売を開始。
昭和52年 江口製薬株式会社を吸収合併、漢方製剤分野に進出。
10月、草加市より、現在の茨城県かすみがうら市へ工場を移転。
平成7年 10月11日、日華化学株式会社グループに加入。
11月24日、資本金を3,000万円に増資。
平成9年 本社住所を東京都墨田区東駒形1丁目14番1号に移転。
平成13年 11月30日、資本金を6,000万円に増資。
平成17年 第二種医薬品製造販売業許可、医薬部外品製造販売業許可、化粧品製造販売業許可を東京本社にて取得。
平成19年 動物用医薬部外品製造業許可を霞ヶ浦工場にて取得。
霞ヶ浦工場にてISO14001を認証取得。
平成22年 10月1日、創業100周年をむかえる。
平成26年 本社にてISO14001を追加認証取得。
第二種医薬品製造販売業許可を廃止。
平成28年 4月30日、医薬部外品製造販売業許可(東京都)、化粧品製造販売業許可(東京都)を廃止。
5月1日、霞ヶ浦工場と同住所にて医薬部外品製造販売業許可、化粧品製造販売業許可を新規取得。
5月2日、本社住所を東京都中央区日本橋2丁目1番14号に移転。
11月22日、霞ヶ浦工場に新工場棟竣工。
平成29年 霞ヶ浦工場にてISO22716認証を取得。